合格実績もチェック

実績がある塾を選ぶ事は必要

個別指導塾を選ぶ時には、いくつかのポイントがありその1つが合格実績です。いくら授業方針や先生の質などで良い印象を受けても、合格実績が乏しい場合は不安を抱えながら塾に通う事になります。合格実績が乏しい場合は、もしかしたら致命的な欠点がある可能性も否定できないです。そこで、合格実績が優秀な塾を選びます。例えば塾に通った学生の志望校の合格率が高い場合は、それだけ学生一人一人の学力が向上したという証なので期待が出来ます。

また、偏差値が高い学校に合格している人が多い場合も質が高い授業を行っている証拠です。合格実績を見るだけでも、その塾の現状を把握する事が出来るので、塾の資料やホームページで合格実績をチェックする事を忘れないようにします。

合格実績が高いからといって安心しない

合格実績が良い塾は、たしかに学力が向上出来る可能性が高いですが安心しないことが大事です。いくら授業の質が高く、志望校に合格出来ている学生が多くても結局は自分の努力次第で結果は大きく左右されます。勉強をするのは、自分自身なので志望校に合格するという気持ちを強く持って塾で授業を受ける必要があります。いくら質が高い塾でも、すべての学生が志望校に合格できているとは限らないです。中には、残念ながら志望校に合格できなかった人もいます。

優秀な個別指導塾に通えば、自分は志望校に合格出来ると錯覚すれば勉強がおろそかになってしまい結果が伴わないので、油断せずに塾での授業を有効活用して少しでも志望校に合格できるように準備します。

中高一貫の塾に通う目的に「学習内容を確実に身につけること」があります。中高一貫校は学習進度が速いため、内容を取りこぼすと大事になりかねません。確実に身につけられるように塾で学ぶのです。